証券の資格・取り方ガイド

証券会社で成長していくための下地が二種証券外務員資格になります。暗記ではなく、理解して勉強します。

証券の資格・取り方ガイド

証券会社で成長するために二種証券外務員資格

証券の資格・取り方ガイド
級であったり種がある資格に関しては、何らかの序列があるということがわかります。
下の級や種を取得することで上へのステップアップにつながるということです。
上の資格における基礎にもなるところなので、本来であればしっかりと勉強しなければいけないところです。
ただし下の級となると合格率が高く、実際勉強も暗記などで済むということがあります。
暗記は簡単に点数を取るのには良いのですが、すぐに知識が抜けてしまう可能性もあります。

資格の中に級などに関係なく関連性があるというものがあります。
会計関係で言うと簿記と税理士、公認会計士というものは直接つながりはありません。
でも上級資格を取るには、まず簿記を行うのが良いとされています。
上級資格に対して、簿記の資格は取りやすいですが、しっかり知識を入れるようにしておかないと活かすことができなくなります。
単に合格だけを目指すのではなく、将来のための下地を入れるつもりで勉強する必要があります。

証券会社で働く上で二種証券外務員資格を取得することがあります。
こちらの勉強も初歩ということで暗記に頼りがちになります。
ただし将来上級のFP資格を取得するにあたっても必要な知識になります。
ですから、暗記ではなく、しっかり頭に残る勉強をしておいたほうが良いということです。
せっかく合格をしても、また将来勉強しなおすということになってしまします。
仕事のために仕方なく取るのではなく、成長のための道具として取るようにします。

関連キーワード

Copyright (C)2018証券の資格・取り方ガイド.All rights reserved.