証券の資格・取り方ガイド

二種証券外務員の資格は株式や債券、投資信託の現物販売ができる、証券の初歩的な資格となります。

証券の資格・取り方ガイド

二種証券外務員の資格は証券の初歩的な資格。

証券の資格・取り方ガイド
二種証券外務員は、資格を取得したらどのような事が出来るのでしょうか。証券、株式や債券、投資信託の現物を販売することができます。
これまでは証券会社の職員などに限定されていた資格でしたが、一般の人でもその資格を取得できるようになりました。証券販売においては初歩的な資格と言えるでしょう。
この資格を取得してそののち信用取引外務員や一種証券外務員の資格にチャレンジするのもいいのではないでしょうか。二種証券外務員が販売できるものは、株式や債券投資信託などで現物販売に限定されます。
これが信用取引証券外務員の資格を取得したら、信用取引ができるようになり、一種証券外務員になった場合は現物取引や信用取引はもちろん先物やワラント債を販売できるようになります。
もしかしてその先には証券アナリストなどという道も夢ではありません、努力次第ということでしょう。
二種証券外務員は書権取引の仕事をするうえでの第一歩と言ったところでしょうか。
二種証券外務員の証券における仕事は証券取引業務の第一歩と言うことですが、その資格取得の内容は大きく分けて、法令諸規則、商品業務、関連科目に分けられます。
法令や諸規則では証券取引泡投資信託及び投資法人に関する法律、証券業協会定款・約款、証券取引所定款・約款が出題範囲です。
商品業務からの出題は株式債券投資信託、それに付随する商品から出題されます。
関連科目らの出題は証券市場の基礎知識や株式会社泡経済や金融の常識、税制、財務諸表などです。
実際に仕事に赴かないでも、知識の取得と言う意味でチャレンジしても面白いかもしれません。

関連キーワード

Copyright (C)2018証券の資格・取り方ガイド.All rights reserved.