証券の資格・取り方ガイド

二種証券外務員の資格を得るための受験勉強はとても大変でしたが、合格しないと証券などを売ることができないのです。

証券の資格・取り方ガイド

二種証券外務員の資格は証券など金融商品を扱う仕事で必要です。

証券の資格・取り方ガイド
以前勤めていた金融機関では、入社して1年以内に二種証券外務員の資格を取らなければなりませんでした。この資格は銀行や、証券会社で金融商品を売る場合には絶対に必要な資格です。
私の職場では以前の職場で証券を扱っていた転職組の人も多くそう言う人はこの二種証券外務員の資格を持っていましたが、それ以外の人は勉強しなければなりませんでした。外貨や債権、証券、公社債投信など覚えな得なければならないことは山ほどありました。利率の計算など公式を覚えて実際に解かなければならない計算問題まであり、非常に難しいものでした。
1度では受からず、5回も6回も受けている人もいました。
しかしそうなると実際に金融商品を売ることはおろか、お客様に商品の説明やパンフレットを見せることも出来ません。会社側も何度も受験用に講師を招き講義を用意したり、模擬試験を何度も行います。
しかし、やはり頑張らなければならないのは本人です。
私も試験の3ヶ月前からは通勤の電車の中はもちろん、家でも夜遅くまで勉強しました。同期の中には朝早く家を出てファミレスで勉強したり、休日にファストフードの店や図書館にこもって勉強する時間を作っている人もいました。そうやって試験の日を迎えます。
試験はパソコンで行われますが、なれない試験の形態ですので、それだけでも緊張します。
確か制限時間は2時間か3時間くらいだったと思います。
試験の結果は2ヶ月後くらいに会社の管理職あてに届きます。
その日はもう仕事をするどころではありませんでした。幸いに合格したので良かったですが、そうでなかったらと思うと今でもぞっとします。

関連キーワード

Copyright (C)2018証券の資格・取り方ガイド.All rights reserved.